お知らせ・最新情報

フィリピン領事館の認証の変更について(H24年3月)

今まで商工会議所のサイン証明済みのものに対しては、「Noting」と呼ばれるスタンプ認証が行われていたので、商工会議所でサイン証明ができる書類については、公証人や法務局、外務省を通さず、領事館で認証をうけることができたのですが、それができなくなりました。

ですので、今までの「Noting」という認証形態は事実上無くなり、今まで「Noting」を受けていた書類も、「Authentication」を受けることになります。

私文書である場合は、公証人→法務局→外務省→フィリピン領事館
公文書の場合は、(法務局)→外務省→フィリピン領事館

となります。
「Authentication」認証についての詳細は、書類の提出先もしくはフィリピン領事館にて直接お尋ね下さい。

【お願い!!!!!!!!!!!!!】

認証代行についてのお見積り・お問い合わせは、お問い合わせフォームから送信ください。お電話でのお見積り・お問い合わせへの回答は行っておりません。

日本の公文書や私文書の領事認証代行以外の手続きについてのお問い合わせは受け付けておりません。大使館・領事館、法務局、公証役場等へ直接お尋ねください。

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ