パスポート認証

海外の銀行口座開設手続きや、海外へ留学する手続き等の際に、パスポートのコピーに有資格者による証明(認証)を付けるよう求められることがあります。

パスポート認証とは、書類に記されたパスポートのコピーが「このコピーは確かにパスポート原本のコピーであることを証する。」ということを、有資格者が証明し、書類に署名押印することです。

※パスポートが正真正銘のものであることを認証するものではありません。どの有資格者も、「パスポートが正真正銘のものである」ということを認証することはできません。

領事認証を受ける必要がある場合には、当ページに記載された認証形式とは異なります。

「まずはじめに」ページ内の【2】領事認証・アポスティーユまでの流れをご確認の上、公証人の認証を受けるか、直接、ご本人が領事館に出向き、認証を受ける事になります。提出先に確認し、提出先国の大使館(領事館)に応じた認証を受けて下さい。

書式・認証形態については提出国(提出先)でご確認下さい

提出先によっては、様式・書式が指定されていることがございます。あらかじめ、ご自身で提出先にご確認の上、ご依頼の際にメールにて指定されている文章をご連絡下さい。

領事認証・アポスティーユが必要な場合は、行政書士によるパスポート認証を受けないでください

パスポート(コピー)に対する領事認証・アポスティーユが必要な場合は、当ページの認証方法・認証形式とは異なります。行政書士による認証ではなく、「まずはじめに」ページ内の【2】領事認証・アポスティーユまでの流れをご確認の上、提出先国の大使館(領事館)に応じた認証を受けて下さい。

行政書士による英文でのパスポート認証を行います!

  1. 弊所の認証形式
  2. 必要書類と弊所料金
  3. ご依頼~認証完了まで

【1】弊所の認証形式

事前にご予約の上、ご来所頂き、ご本人確認とパスポート原本の確認を行い、その場で認証いたします。

image_passport

パスポートのコピーに「このコピーは確かにパスポート原本のコピーであることを証する。」ということを英文で記載し、資格者が署名・押印した文書をお渡しいたします。

その他、以下についても英文にて記載しております。
-認証した資格者の氏名、資格名とその登録番号
-行政書士所属先である弊所名とその住所・電話番号

【2】必要書類と弊所料金

必要書類  
依頼書 ご依頼にあたって、必要事項をご記入頂く書類です。
ご来社時に、弊社よりお客様へお渡しいたします。
パスポート原本
その他資料
  • 提出先から定型様式を求められている際には、その様式をお持ち下さい。
  • 海外の銀行口座開設手続きの際には、その銀行の定型英文の記載を求められる場合があります。その場合はご予約の際に、お申し付け下さい。
ご本人確認資料 以下のいずれか
運転免許証、印鑑証明書、住民票の写し、住基カード、国民健康保険証(社会保険証は不可)
弊社料金(税抜)
写真付ページのみの認証 1通 8,000円
全ページ の認証1通 16,000円
  • 1名様のパスポートに対し、同様の認証が2通必要な場合は、「2通」とカウントします。
  • 全ページの認証が必要な場合、30~40分ほどお時間が必要です。
所要日数
事前にご予約の上、アポイント日に面前にて、即日認証致します。


eyecatch 面談相談は初回無料

eyecatch2 お問い合わせページへ

【3】ご依頼~認証完了まで

1.メールフォーム・お電話にてご予約

メールフォームにて、お申し込み下さい。ご来所日時、必要書類等をご返信致します。

お電話でのご予約の際には、必ず以下をお伝え下さい。

  • 行政書士によるパスポートコピーの認証が必要な旨
  • お名前、ご連絡先
  • パスポート認証の必要な通数
  • ご来所可能な日時
  • その他 提出先で指定されている事項について(指定様式、指定文の有無)

サイン・パスポート認証、公印確認、アポスティーユ、領事館認証申請代行

2.ご来所

ご来所には、パスポートと身分証明書の原本をお忘れのないよう、お願い致します。

サイン・パスポート認証、公印確認、アポスティーユ、領事館認証申請代行

3.認証、料金のお支払い

行政書士が面前でパスポート原本の確認、ご本人確認を行い、パスポート認証の書類を作成します。

料金は現金払いでお願い致します。

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ