サイン認証

海外の銀行口座開設手続きや、海外へ留学する手続き等の際に、「このサイン(署名)は確かに本人のものである」ということを有資格者が認証(証明)した書類を求められることがあります。

サイン認証とは、その書類に付されたサインが、「確かに本人のものである」ということを、有資格者が証明し、書類に署名押印することです。

書式・認証形態については提出国(提出先)でご確認下さい

提出先によっては、様式・書式(定型文)が決まっていることがございます。あらかじめ、ご自身で提出先にご確認の上、ご依頼下さい。

行政書士による英文でのサイン認証を行います!

  1. 弊所による認証形式
  2. 必要書類と弊所料金
  3. ご依頼~認証完了まで

【1】弊所による認証形式

事前にご予約の上、ご来所頂き、ご本人確認を行った上で面前で書類にサインして頂きます。

海外の証券会社や銀行等の申請書(申込書)内のサインの認証が必要な場合には、申請書には弊所での認証を行うまで、サインをしないようにして下さい。また、申請書に記載しているサインの箇所や必要事項がご不明な場合は、事前にメールフォームよりお問い合わせ下さい。申請書を事前に確認致します。

image_sign

ご本人様が署名した書類に、「このサインは確かに有資格者が認証しました」ということを英文で記載したもの。提出先の様式がある場合には、その様式に従って認証致します。

その他、以下についても英文にて記載しております。
-認証した資格者の氏名、資格名とその登録番号
-行政書士所属先である弊所名とその住所・電話番号

【2】必要書類と弊所料金

必要書類  
依頼書 ご依頼にあたって、必要事項をご記入頂く書類です。
ご来社時に、弊社よりお客様へお渡しいたします。
サインを付する書類
  • 提出先(国)の所定の様式がある場合。所定の書式がない場合は、弊所様式にて対応いたしますので、お申し付け下さい。
  • 海外の銀行口座開設手続きの際には、その銀行の指定する定型英文にて「確かに本人のサインです」と記載することを求められる場合があります。その場合はご予約の際に、お申し付け下さい。
  • 海外の銀行口座開設等の申請書(申込書)へのサインの認証が必要な場合は、認証時までサインをしないでください。ご不明な場合はメールフォームにてお問い合わせください。
ご本人確認資料 以下のいずれか
運転免許証、印鑑証明書、住民票の写し、住基カード、国民健康保険証(社会保険証は不可)
パスポート原本 パスポートと同じサインを求められている場合のみご持参下さい。
弊社料金(税別)
1名様1通につき 2,000円
  • 弊所書式にてサイン認証を行う場合は、1名様1通ずつ認証書類を発行します。
  • 銀行などの定型書類などに対して、1通にまとめて複数名のサインを認証する場合は、弊所料金2,000円×人数分の料金が必要です。
所要日数
事前にご予約の上、アポイント日に面前にて、即日認証致します。


eyecatch 面談相談は初回無料

eyecatch2 お問い合わせページへ

【3】ご依頼~認証完了まで

1.メールフォーム・お電話にてご予約

メールフォームにて、お申し込み下さい。ご来所日、必要書類等をご返信致します。

お電話でのご予約の際には、以下をお伝え下さい。

  • お名前、ご連絡先
  • サイン認証の必要な通数
  • 定型書式等の有無(提出先から求められている事項)
  • ご来所可能な日時
  • その他、提出先から求められている事項

サイン・パスポート認証、公印確認、アポスティーユ、領事館認証申請代行

2.ご来所

ご来所には、身分証明書等をお忘れのないよう、お願い致します。

サイン・パスポート認証、公印確認、アポスティーユ、領事館認証申請代行

3.認証、料金のお支払い

行政書士が面前でご本人確認を行い、ご本人様に書類にサインを行って頂き、英文での認証書類を作成します。

料金は現金払いでお願い致します。

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ